Get Even More Visitors To Your Blog, Upgrade To A Business Listing >>

ホームルーターの人気おすすめランキング

ホームルーターのwifiについておすすめランキングなどをまとめています。

主なホームルーターの一覧

製品名 月額 契約年数 口コミ・レビュー
ソフトバンクエアー
4,880円 2年
(端末代分割は3年)
レビューを見る
Broad WiMAX
3,550円
3年平均月額※
3年 レビューを見る
GMOとくとくBB WiMAX
3,580円
3年平均月額※
3年
カシモWiMAX
3,550円
3年平均月額※
3年
BIGLOBE WiMAX
3,980円 1年
(端末代分割は2年)
口コミを見る
※ 3年間の月額の合計を一月あたりで割った金額

ホームルーターの選び方のポイントと注意点

ホームルーターを選ぶ上でのポイント以下の通りです。

・ソフトバンクエアーとWiMAXの大きく2種類がある
・ソフトバンクエアーは容量無制限だが速度低下がある
・WiMAXは速度が速いが3日10GB制限
・WiMAXは会社毎に月額が違う

ソフトバンクエアーとWiMAXの大きく2種類がある

ルーターワン
ルーターワン

メジャーなホームルーターはソフトバンクエアーとWiMAX系だワン

現在主流となるホームルーターは大きく分けてソフトバンクエアーWiMAX系の製品があります。

それぞれ特徴があるため、自分の目的に合っている方を選択しましょう。

ソフトバンクエアーは容量無制限だが速度低下がある

ルーターニャン
ルーターニャン

ソフトバンクエアーはギガ無制限だけど速度が遅い時間帯があるニャン

ソフトバンクエアーの特徴は通信容量の制限がない点です。

ただし、夕方や夜の時間帯は混雑の影響もあり低速化することが多くなり、回線が不安定という口コミも見られます。また、料金も一般的にWiMAXよりも高くなります。

WiMAXは速度が速いが3日10GB制限

ルーターワン
ルーターワン

WiMAXは速いけど3日で10GB以上使うと次の日は速度制限が入るワン

WiMAXの特徴は通信の速度が速い点です。また、一般的にソフトバンクエアーよりも料金が安い傾向があります。

デメリットは3日で10GB以上の容量を使うと速度制限がかかり、翌日の18時頃から翌々日2時頃まで1Mbps程度まで速度が低下する制限が入ります。

WiMAXは会社毎に月額が違う

wimaxニャン
wimaxニャン

WiMAXどの会社でも端末は同じ。違うのは月額などの料金だニャン

WiMAXは複数の会社が取り扱っており、各社によって月額の料金などが変わってきます

製品自体のスペックは変わらないため、自分の納得できる料金プランの会社で申し込むようにしましょう。

ホームルーターのおすすめランキング

第1位:Broad WiMAX(おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎)

製品名 Broad WiMAX
端末 HOME02、L02 (ホームルータータイプ)
通信容量 無制限 (3日で10GB制限あり)
月額 2,726円 (1-2ヶ月)
3,411円 (3-24ヶ月)
4,011円 (25ヶ月-)
初回事務手数料 (税抜) 3,000円
契約期間 3年
違約金 19,000円 (1年目)
14,000円 (2年目)
9,500円 (3年目-)
キャンペーン違約金 9,500円
公式サイト https://wimax-broad.jp/

メリット
・ソフトバンクエアーと回線が異なり安定

・wimax系の中で月額は最安級

・不満な場合は解約サポートで乗換えができる

デメリット
・WiMAX共通の3日10GB制限がある
・通常の違約金以外にキャンペーン違約金がある

実際に使ってみたレビュー
公式サイトを見る

第2位:ソフトバンクエアー(おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎)

製品名 ソフトバンクエアー
端末 Airターミナル
通信容量 無制限※
月額 (端末購入、税抜) 4,880円
初回事務手数料 (税抜) 3,000円
契約期間 2年
(端末支払いは3年)
違約金 (税抜) 9,500円
端末購入の残債 (税抜) 1,500円×36ヶ月の残月 (最大54,000円)
公式サイト https://ns-air.net/
※ 利用が集中する時間帯は、通信速度が低下の場合あり。

メリット

・圧倒的な知名度でユーザーも多い

・3日10GBの速度制限が無い
・キャッシュバックなどの特典が多い

デメリット
・速度が遅いという口コミが多い
・月額はWiMAX系より高め
・解約金とは別に3年以内の解約で端末代残債の支払い

実際に使ってみたレビュー
公式サイトを見る

第3位:BIGLOBE WiMAX(おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎)

製品名 BIGLOBE WiMAX
端末 HOME02、L02 (ホームルータータイプ)
通信容量 無制限 (3日で10GB制限あり)
月額 3,980円
端末代 19,200円
初回事務手数料 (税抜) 3,000円
契約期間 1年
違約金 1,000円
公式サイト https://join.biglobe.ne.jp/

メリット

・契約期間が1年のみ。WiMAXの中で圧倒的に短い
・違約金がたったの1,000円。

デメリット
・端末代が無料でないため、2年以内の解約だと残りの端末代も支払う
・月額3,980円は、WiMAXの中では少し高め。

口コミを見る
公式サイトを見る

ランキング第1位は「Broad WiMAX」です。回線が安定しやすいWiMAX系で月額が最安級である点がメリットです。

キャンペーン違約金という特有のデメリットもありますが、解約サポートを使うと違約金なしで他の回線に乗換えも可能であり、トータルで考えると非常にコスパが高く最もおすすめできるホームルーターです。

第2位は「ソフトバンクエアー」です。WiMAXと異なり3日10GBの速度制限が無いのがメリットです。速度が遅いといったような口コミも見られますが、容量を無制限で使いたい場合は向いています。

第3位は「BIGLOBE WiMAX」です。WiMAX系では珍しく契約期間の縛りが短い違約金も安い特徴があります。ただし、他のWiMAXと異なり端末代を支払う必要がある点は注意が必要です。

ランキング1位:Broad WiMAXの良い評判や口コミ、メリット

ランキング1位のBroad WiMAXについて、良い評判や口コミ、メリットを確認していきます。

回線が比較的安定している

ソフトバンクエアーから乗り換えたけど、速度や回線はWiMAXの方が安定している

Broad WiMAXの速度や回線は安定しているという評判がよくみられます。

ソフトバンクエアーの回線とは異なるため、上記の口コミのようにソフトバンクエアーからWiMAXに変えると速度が改善されたというケースも見られます。

月額が安い

Broad WiMAXの月額2,726円〜は本当に最安級

Broad WiMAXは月額においても良い評判がみられます。

Broad WiMAXは月額2,726円〜であり、3年使用の合計はWiMAX製品の中でも最安級となります。また、端末代も料金がかかりません。

月額 Broad WiMAX GMOとくとくBB BIGLOBE WiMAX
1〜2ヶ月 2,726円 2,590円 3,980円
3〜24ヶ月 3,411円 3,344円 3,980円
25ヶ月〜 4,011円 4,263円 3,980円
3年合計 131,352円 132,494円 143,280円

上記の通り、他のWiMAXと比較しても高コスパであることがわかります。

不満な場合は解約サポートで乗換えができる

Broad WiMAXは最悪、解約サポート使えば他の回線にタダで乗り換えられるから、割と安心して契約できる。

Broad WiMAXの特徴の一つに、解約サポート制度があり、こちらも比較的良い評判が見られます。


上記の口コミの様に、Broad WiMAXで速度が不満な時や、電波が悪い、光回線に変えたいなどの際に、本来Broad WiMAXでかかる解約の違約金がかからずに、他のサービスに乗り換えることができます。

他社の製品も含め、WiMAX製品は通常3年契約が多く、期間内の解約は高額な違約金がかかるケースがほとんどですが、このような制度がある点は、Broad WiMAXのメリットの一つと言えます。

注意点として、解約サポートでの乗り換え回線は種類が決まっており、主なものは以下の通りです。

・SoftBank光
・auひかり
・So-net光
・ビッグローブ光
・broad光
・yahooBB
・Broad LTE

上記の通り、解約サポート対象の回線種類は限られるため、予め把握しておきましょう。

Broad WiMAXの悪い評判や口コミ、デメリット

Broad WiMAXは良い評判も多いですが、中には悪い評判や口コミ、デメリットも有ります。

WiMAX共通の3日10GB制限がある

WiMAXのデメリットは、3日で10GB以上使うと次の日の夜に速度制限がかかる点。

WiMAX製品は、3日間の通信料の合計が10GBを超えると、翌日の夜、おおよそ18:00〜2:00に間に速度制限がかかります。

このデメリットに関しては、Broad WiMAXも例外ではなく、同じデメリットがあります。

ただし、WiMAXの速度制限は、制限がある程度ゆるいことも知られており、速度制限が入っても1Mbps程度は出るため、youtubeの通常画質程度なら再生できます。

また、連続して容量をオーバーしてなければ、翌日には解除されるため、比較的コントロールしやすい特徴もあります。

通常の違約金以外にキャンペーン違約金がある

Broad WiMAXは普通の違約金の他に、キャンペーン違約金(9,500円)もあるから注意が必要。

Broad WiMAXは契約期間が3年であり、期間内の解約は違約金がかかりますが、この点は他社のwimaxと同等で特別なデメリットでは有りません。

しかし、Broad WiMAXの場合はさらに、18,857円の初期費用を無料にするキャンペーンを使用した場合、24ヶ月以内の解約で、キャンペーン違約金として別途9,500円がかかります。

Broad WiMAX GMOとくとくBB カシモWiMAX
契約期間 3年 3年 3年
  0〜12ヶ月違約金 19,000円 19,000円 19,000円
13〜24ヶ月違約金 14,000円 14,000円 14,000円
25ヶ月以降違約金 9,500円 9,500円 9,500円
キャンペーン違約金 9,500円

キャンペーン違約金は他社製品には無い制度であり、Broad wimaxのデメリットと言えます

このキャンペーン違約金を知らずに契約してしまうケースも見られるため、予め把握しておく様にしましょう。

Broad WiMAXの公式サイトを見る

Broad WiMAXの評判や口コミ、メリット・デメリットのまとめ

良い評判や口コミ、メリット
・回線が比較的安定している
・月額が安い
・不満な場合は解約サポートで乗換えができる
悪い評判や口コミ、デメリット
・WiMAX共通の3日10GB制限がある
・通常の違約金以外にキャンペーン違約金がある

Broad WiMAXと他の主なwimaxとの比較は以下の通りです。

Broad WiMAX GMOとくとくBB BIGLOBE WiMAX
月額 2,726円 (1-2ヶ月)
3,411円 (3-24ヶ月)
4,011円 (25ヶ月-)
2,590円 (1-2ヶ月)
3,344円 (3-24ヶ月)
4,263円 (25ヶ月-)
3,980円
3年合計 131,352円 132,494円 143,280円
事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
端末代 19,200円
契約期間 3年 3年 1年
違約金 19,000円 (1年目)
14,000円 (2年目)
9,500円 (3年目-)
19,000円 (1年目)
14,000円 (2年目)
9,500円 (3年目-)
1,000円 (-1年目)
キャンペーン違約金 9,500円 (-2年目)

上記の通り、Broad WiMAXの一番のメリットは月額が安く、3年合計が最安級のwimaxです。

また、解約サポート制度があり、満足できない場合は他の回線に違約金なしで乗り換えができるメリットも大きいです。

他社にはないキャンペーン違約金というデメリットもありますが、トータルで考えると非常にコスパが良いWiMAXと言えます。

ポケットwifiやホームルーターを検討している場合は、最もおすすめできる製品であり、人気も高いため、検討している場合は早めに申し込みましょう。

\初期費用18,857円割引キャンペーン/Broad WiMAXの公式サイトを見る

Broad WiMAXを実際に使ってみたレビュー

管理人が実際にBroad WiMAXを申し込んで使用したレビューや感想、評価をまとめました。

通信速度の実測値や、YouTubeの視聴、PS4オンラインゲーム(apex legends)、Zoomの利用などを実施したので参考にしてください。

エリア確認

申し込みの前にちゃんと電波が入るかエリア確認を実施しました。

(画像引用:Borad WiMAX 公式サイト より)

公式サイトの「エリア確認」→「ピンポイントエリア判定」から住所の入力だけでエリア判定のチェックができます。

▷▷公式サイトでエリア判定を見る

判定で「○」がついてたので申し込みをしました。

申し込みの流れ

申し込みの入力は2〜3分程度で完了します。

選ぶ項目はプラン・端末の種類・オプション等です。

(画像引用:Borad WiMAX 公式サイト より)

1. 端末の選択

端末の種類は4種類です。自宅で使うのに便利な据え置き(ホームルーター)タイプのHOME02L02、持ち運びしやすいモバイルタイプのWX06W06です。

なお、端末の選択画面にて発送日の目安がわかります。

HOME02 L02 WX06 W06
タイプ 据え置き 据え置き モバイル モバイル
メーカー NEC HUAWEI NEC HUAWEI
販売開始 2020年1月 2019年1月 2020年1月 2019年1月
下り最大速度 440Mbps 1.0Gbps 440Mbps 1.2Gbps
バンドステアリング機能

今回は、自動的に最適な周波数に変わるバンドステアリング機能を持つホームルーターのHOME02を選択しました。

通信の安定性を求める場合はこの機能があるHOME02・WX06がおすすめです。ファーウェイ製は今後が少し不安なので、国産という点もメリットですね。

2. プランの選択

ギガ放題 or 月間7GB(ライトプラン) の選択です。私はでギガ放題を選択しました

3. 支払い方法の選択

クレジットカード or 口座振替の選択ですが、クレジットカードを選択しました。

Broad WiMAXの注意点としてクレジットカードでないと初期費用18,857円の割引が無くなります。実質的にクレジットカード一択となります。

4. オプションの選択

Broad WiMAXの注意点として「安心サポート月額550円)」と「My Broadサポート(月額907円・最大2ヶ月無料)」の2点は加入時は必ずつけましょう

理由はこの2点のオプション加入も初期費用18,857円の割引の条件となるからです。不要であれば利用開始後にすぐ解除できます。

(5.付属品の選択)

ホームルータータイプの場合は特に付属品はありません

モバイルタイプを選択した場合は、ACアダプタやケーブル・クレードルなどを購入できます。ただし、少し割高なので必要ならamazonとかで別に買っても良いかもしれません。

個人情報の入力をして終了



This post first appeared on Kala Jadu Ka Quran Se Tor, please read the originial post: here

Share the post

ホームルーターの人気おすすめランキング

×

Subscribe to Kala Jadu Ka Quran Se Tor

Get updates delivered right to your inbox!

Thank you for your subscription

×