Get Even More Visitors To Your Blog, Upgrade To A Business Listing >>

高所得の相手へ離婚のときの慰謝料金額、数千万円の請求は認められる?

離婚の原因や離婚自体から精神的苦痛を負ったとして請求する離婚の慰謝料ですが、請求する慰謝料額の算定には精神的苦痛がどれほどのものであったかや、請求する相手が高所得であったり支払い能力があるかなどの経済状況、婚姻期間などを考慮して決めていきます。どちらか一方のみに原因があるとは言えない場合には、訴えた側の過失もあるとして慰謝料請求金額を減額するか、請求そのものが認めなくなることもあるので注意してください。離婚のときの慰謝料請求というと妻が夫に対して訴えるもののように思われるかも知れませんが、精神的苦痛を負ったのであればその逆もありえます。また、不貞行為があったときには不倫相手に慰謝料を請求することが可能となっています。慰謝料の金額は数十万円から250万円前後が多くなっていますが、それぞれのケースごとに異なるためはっきりとした相場はありません。夫が高所得であったときには多額の慰謝料を請求する場合もありますが、実際の裁判判決では数千万円の慰謝料請求を認めるケースはあまり無いようです。高所得の夫であっても実現可能な慰謝料金額の算定が必要になるでしょう。もし不貞行為があって不倫相手に慰謝料を請求する裁判を申し立てたときには、事実があったと立証出来る証拠が必要になります。証拠によっては不貞行為として認められない可能性もあるので裁判で争うときには、弁護士に相談することを考えた方がいいでしょう。夫や妻への慰謝料請求であっても説得するためには法律の知識や慰謝料を請求するための証拠があった方が有利となります。



This post first appeared on Diabetes Care, please read the originial post: here

Share the post

高所得の相手へ離婚のときの慰謝料金額、数千万円の請求は認められる?

×

Subscribe to Diabetes Care

Get updates delivered right to your inbox!

Thank you for your subscription

×