Get Even More Visitors To Your Blog, Upgrade To A Business Listing >>

Cognitive Services LUIS & Azure Bot Service 一般提供開始

自然言語の分析、判定を行うエンジン(分析モデル)作成と 分析 API を提供する Cognitive Services  Language Understanding Intelligent Service (LUIS) の GA (一般提供) が開始となりました。また、Azure 上で Chatbot を構築、公開、各種チャネルへの接続を提供する Azure Bot Service の GA 開始がアナウンスされました。

Microsoft Azure Blog > Announcing the General Availability of Azure Bot Service and Language Understanding, enabling developers to build better conversational bots

Azure Team Blog > Conversational Bots Deep Dive – What’s new with the General Availability of Azure Bot Service and Language Understanding



Cognitive Services LUIS : Dec 2017 Update

GA & 価格体系

  • F0 (Free Tier: 無償プラン)
    • ~ 10000 トランザクション /月
  • S1 (Standard Tier: 有償プラン)
    • 150 / 1000 トランザクション (従量課金)
  • 1 トランザクションでバインドできるテキストは 500文字(全角OK!)まで

F0 および S1 は Azure Portal からの申し込みになります。(※いずれも利用期間の制限はありません)

新 Portal 公開

LUIS は適用範囲 (ドメイン) に合わせてご自身で LUIS App (自然言語の分析モデル) を作成する必要があり、作成のための GUI (Portal)が用意されています。こちら GA に合わせて Portal がリニューアルされています。

なお、LUIS App の作成、編集については Programmatic API が用意されています。LUIS ポータルを使用せずに LUIS App の作成や編集、学習などを行うことができ、カスタムの操作ツールを作成したり、再学習などの自動化を構成することも可能です。

Cognitive Services LUIS Programmatic API Doc

Intent および Entity の上限引き上げ

これまでのプレビュー版での制限が大幅に緩和されました。

  • Intent : 80 → 500
  • Entity : 30 → 100

リージョンの追加

LUIS App および Endpoint (API アクセス先) のリージョンがこれまでの 5 か所 に加えて 7か所 追加されました。

  • America
    • West US, East US2, West Central US
    • +South Central US, East US, West US 2, Brazil South
  • Europe
    • West Europe
    • +North Europe
  • Asia Pacific
    • Southeast Asia
    • +East Asia, Australia East

機能追加 (多言語対応)

英語のみ対応だった下記の機能が多言語対応となりました。

  • Prebuild Entities
    • 利用頻度の高い Entity (日付、時間、地名 など) のセットを追加可能
    • 追加言語: フランス語、スペイン語、ポルトガル語
  • Prebuild Domains
    • ドメインごとにまとめた利用頻度の高い Intent および Entity のセット
    • 追加言語: 中国語
  • Phrase List Suggestion
      • Entity として認識して欲しい用語をリスト化した Phrase List を作成、編集する際に同じリストに入ると推定される用語を提案
      • 追加言語: 中国語、スペイン語、日本語、フランス語、ポルトガル語、ドイツ語、イタリア語

Azure Bot Service : Dec 2017 Update

GA & 新価格体系

GA に伴い、SLA が設定され、Azure サポート(*)が利用可能になります。

  • F0 (Free Tier: 無償プラン) ※期間の制限はありません
    • DirectLine および WebChat : ~ 10000 メッセージ/月
    • (他のチャネルについては制限なし)
  • S1 (Standard Tier: 有償プラン)
    • DirectLine および WebChat : 50/1000 メッセージ/月
  • Azure Bot Service は Azure WebApp or Azure Function 上に構築されるため、Web App または Function (+ストレージ、AppInsight などのサービス) の利用料金が別途かかります。(それらは無料プランを利用してもOK)

これまで通り、F0 および S1 は Azure Portal から作成して利用します。(※いずれも利用期間の制限はありません)

(*)DirectLine および WebChat の 99.9% SLA、Azure サポート対応

対応リージョン

  • America
    • East US, West US, Brazil South
  • Europe
    • North Europe, West Europe
  • Asia Pacific
    • East Asia, Southeast Asia, Australia East, Australia Southeast

Bot Framework としての機能強化/変更点

  • Bot Framework State Service 終了
    • conversation 内容を保持しておくためのメモリストレージ (へのアクセス)
    • control や 独自の conversation state storage を追加可能に
  • Bot Directory / Connector への登録が Azure Bot Service に限定
    • これまで Bot Framework をお使いいただいていた方への一番の注意点になります。
    • また、 Cortana Skills が Knowledge Graph Exchange へ統合されるのに伴い、Cortana Channel の利用には Knowledge Graph Exchange への登録が必要になります。
      • Cortana Skills & Knowledge Graph Exchange について: https://aka.ms/CortanaSkillsDocs, https://aka.ms/CortanaSkillsBotConnectedAccount

Share the post

Cognitive Services LUIS & Azure Bot Service 一般提供開始

×

Subscribe to Msdn Blogs | Get The Latest Information, Insights, Announcements, And News From Microsoft Experts And Developers In The Msdn Blogs.

Get updates delivered right to your inbox!

Thank you for your subscription

×