Get Even More Visitors To Your Blog, Upgrade To A Business Listing >>

歯ぎしりを解消させるために歯列矯正はオススメ

睡眠中の歯ぎしりは自分ではなかなか気づけません。
家族から言われるのならまだしも、友人や恋人と旅行に行き一泊した朝に言われて判明した、なんて苦い経験になってしまうことも。
寝ている間のことなので、どうやって治したらいいのか分からず放置してしまう…という方もいらっしゃるかもしれません。

そもそも歯ぎしりとは何が原因で起こるのでしょうか。
原因が分かれば対策がとれるはずです。
歯ぎしりとは、寝ている時に上の歯と下の歯ががっちりとかみ合わさった状態です。
この時、歯同士が食い込みぎりぎり、かちかちという音が出ます。
食べ物が口の中にあるわけでもないのに噛んでいることを「食いしばり」と言います。

この食いしばりが歯ぎしりや顎関節症などを引き起こすのです。
特に顎関節症まで進んでしまうと、顎の筋肉が緊張して固まったままになってしまい、痛みが出ます。
口を開けるのが困難になり、そのストレスから全身に悪影響が出てしまうリスクを持っているとても怖い病気です。

ではなぜ食いしばりが起きてしまうのでしょうか。
大きな原因としては、歯の噛み合わせによるものです。
歯並びによって噛み合わせが微妙にずれてしまっていると、正しく噛めずによけいな力がかかります。

歯並びと食事には密接な関係があります。
食べ物を咀嚼するとき、歯は噛み砕いたりすり潰したりして、食材を消化しやすい形にしてから胃に送るのです。
歯のサイズがバラバラだったり、歯と歯の間に隙間ができていたり、ある歯だけ違う方を向いていると、咀嚼が上手くいかなくなります。
また、歯磨きがむずかしくなり、虫歯の原因にもつながります。
この咀嚼効率を上げるためにも、歯並びを整えることは重要になるでしょう。

歯列矯正をすることにより、不揃いな歯並びを解消し、最終的には歯ぎしりの解消にもなるという良い循環が生まれます。
歯列矯正は、最近では美容のために行う人が増えているのをご存知でしょうか。
子どもはもちろん、大人になってからでも何歳でもできます。
雑誌やテレビなどでも取り上げられる機会が多くなったせいか、歯列矯正のイメージが身近になってきている方もいるかもしれません。
気軽に矯正歯科を受診できるようになったと言う人もいます。
受診する人が増えれば、費用やコースなどの情報がもっと簡単に手に入るようになるでしょう。

矯正歯科では歯ぎしりについて専門に取り扱っている歯科医もいます。
まずはじっくりと相談してみてはいかがでしょうか。
健康的な睡眠と生活を送るために、できることから始めてみましょう。

歯ぎしりを解消させるために歯列矯正はオススメは歯や歯科・歯医者についての雑学をご紹介で公開された投稿です。



This post first appeared on Vomicae, please read the originial post: here

Share the post

歯ぎしりを解消させるために歯列矯正はオススメ

×

Subscribe to Vomicae

Get updates delivered right to your inbox!

Thank you for your subscription

×