Get Even More Visitors To Your Blog, Upgrade To A Business Listing >>

離婚のときの慰謝料請求、精神的暴力も含めた家庭内暴力で認められますか?

慰謝料は財産分与と違ってどんなケースでも請求出来るものではありません。離婚のときの慰謝料請求は離婚に至った原因や離婚したことにより精神的苦痛を受けたことに対する損害賠償請求で、主に不貞行為や家庭内暴力、悪意の遺棄などで慰謝料を請求する事例が多いようです。家庭内暴力のあるケースでは直接暴力をふるう事例だけでなく精神的暴力もありますが、直接暴力をふるう場合と比べて精神的暴力はトラウマなどになっても周囲の理解を得づらい場合もあります。精神的暴力も含めた家庭内暴力は離婚協議や慰謝料請求の話し合いをしたいと思っても出来ない状況であれば、家庭内暴力を専門に扱っている窓口へ相談してください。慰謝料を裁判で請求するときは自己に有利になるよう主張しなければなりません。精神的なものも含めた家庭内暴力では暴力があった事実を証明するために通院記録やどのような被害を受けたかを記録しておくと立証しやすいのですが、個人で証拠を収集することは難しいため、もし余裕があるなら弁護士への相談を検討しましょう。トラウマなどは精神科医の診断書を証拠として出すこともいいと思います。慰謝料の額には決められた相場はなく、原因や精神的苦痛・トラウマの度合い、結婚生活の長さ、経済状況などを考慮してそれぞれ算定していきます。慰謝料請求というと高額なイメージがあるかも知れませんが、実際には数十万円の事例から1000万円ほどの事例と様々にあり、最も多いのが250万円前後となっています。1000万円を超える請求が認められるのはほとんどありません。なるべく現実に沿った金額を想定しておくといいでしょう。



This post first appeared on Diabetes Care, please read the originial post: here

Share the post

離婚のときの慰謝料請求、精神的暴力も含めた家庭内暴力で認められますか?

×

Subscribe to Diabetes Care

Get updates delivered right to your inbox!

Thank you for your subscription

×