Get Even More Visitors To Your Blog, Upgrade To A Business Listing >>

離婚のときの慰謝料請求、認められる理由は?請求金額の計算はどうする?

離婚のときに請求する慰謝料は、離婚の原因や離婚することで精神的な苦痛を被ったときに請求する損害賠償のことを言います。離婚のときに慰謝料を請求出来るとする理由は浮気や不倫、生活費を渡さないで結婚生活を維持する努力を怠る、長い期間の別居、家庭内暴力などがあります。どちらか一方のみに原因があると言えない理由の場合は慰謝料請求が認められない可能性が高いでしょう。離婚時の慰謝料請求では損害賠償の対象となる精神的苦痛の度合いがどれほどか、それがどれほどのトラウマになったか、どのような原因があったか、婚姻期間、経済状況などから計算して金額を決めていきます。慰謝料請求というと高額なイメージがあるかも知れませんが、それぞれの事情を考慮して計算していくとおおむね250万円前後が多く、場合によっては数十万円と計算されるケースもあります。また、慰謝料請求裁判の判決によっては慰謝料請求そのものを認めないこともあるので注意してください。慰謝料請求はまず話し合って解決を目指しますが、もし慰謝料請求の話し合いを裁判の場で行うときには精神的苦痛を負ったとする証拠や浮気の事実を立証する必要があり、証拠を保存しておかなければならないこともあるでしょう。そのため裁判となると個人で進めるには難しく、慰謝料請求を裁判所に申し立てるときには弁護士へ依頼することも考えましょう。円満に協議で慰謝料の約束に合意したときには話し合った内容を必ず書面として作成しておくようにしてください。特に正式な書面である公正証書として作成しておくとうやむやにされず、慰謝料の支払いが滞ったときの手続きをスムーズに行えます。



This post first appeared on Diabetes Care, please read the originial post: here

Share the post

離婚のときの慰謝料請求、認められる理由は?請求金額の計算はどうする?

×

Subscribe to Diabetes Care

Get updates delivered right to your inbox!

Thank you for your subscription

×