Get Even More Visitors To Your Blog, Upgrade To A Business Listing >>

離婚調停で話し合い、性格の不一致で離婚と慰謝料請求は認められる?

離婚の方法にはいくつか種類がありますが、最も多いのが話し合いで離婚成立を目指す協議離婚となっています。協議離婚は夫婦が合意出来れば離婚届の提出で離婚が成立するため、時間と費用をかけずに済みます。一方で協議離婚ですと財産分与や養育費、慰謝料などについて話し合わず離婚してしまいトラブルになる事例も多くなっています。協議離婚や離婚調停では離婚理由が性格の不一致でも合意が得られれば離婚が出来ます。離婚調停は家庭裁判所に申し立てて月1回の調停で離婚の合意や財産分与などについて話し合って行きます。離婚調停は調停委員が間に入りますが、協議離婚と同様に夫婦の合意がなければ不成立となってしまいます。協議、調停でも不成立となった場合には裁判を起こしてさらに協議することになります。裁判離婚は最終的に判決で決定されますが、裁判離婚は性格の不一致では離婚が認められづらい、費用も時間もかかってしまい負担が大きくなってしまうため、示談交渉を検討したほうがいいかも知れません。裁判離婚では慰謝料請求の話し合いも出来ますが、離婚事由と同様に性格の不一致では慰謝料請求は認められないので注意してください。慰謝料請求が認められる事例としては相手の不貞行為、一方的な別居など悪意の遺棄、家庭内暴力などがあります。話し合いでの慰謝料金額は合意が得られれば自由ですが、実際に支払われる慰謝料では250万円前後が多くなっています。



This post first appeared on Diabetes Care, please read the originial post: here

Share the post

離婚調停で話し合い、性格の不一致で離婚と慰謝料請求は認められる?

×

Subscribe to Diabetes Care

Get updates delivered right to your inbox!

Thank you for your subscription

×