Get Even More Visitors To Your Blog, Upgrade To A Business Listing >>

虫歯や歯周病になりやすいのです

定期的に検診を受けるのは面倒に感じるかもしれませんが、虫歯の治療をせずに抜歯が必要になり、リカルデントのお世話になるよりはずっとマシです。

歯科での定期検診は年に1回から2回は行って、いつもの歯科を決めてデータを蓄積しておいてもらって、虫歯が出来ても初期のうちに治療すべきです。

歯磨きはブラッシングだけではなく、デンタルフロスや歯間ブラシ一緒に活用することが肝心です。

大阪での実験結果では、ブラッシングのみだと6割強しか落とせないのに、デンタルフロスを一緒に使用することで8割以上まで増加すると分かりました。

歯石には虫歯菌が棲みついていることから、間違いなく落とすことが出来ていませんと、酸が歯を溶かして虫歯が出来てしまいます。

歯間ブラシの使用には慣れが必要ですので、知識がないのであれば定期検診に行った時に説明してもらいましょう。

就寝前は歯磨きによって食べかすをしっかり清掃することが不可欠ですが、深夜はツバの出る量が少なくなる時間帯で、細菌が繁殖しやすい理由なのです。

虫歯にならないための知識を指導してくれる歯科は予防歯科などの言葉をホームページのTOPに書いてあるのが普通です。

定期的に歯科健診を受診することは、歯の健康を維持する上できわめて重要です。

なぜなら、口腔環境の悪化は自分ではわかりづらく、自分では自覚できないからというのが理由です。

また、歯磨きだけで歯垢や歯石を完璧にきれいにすることは素人には不可能なので、歯医者さんでないと無理なのですが、ちゃんと分かっている人は20%もいないようです。

初めてかかる歯科ですと、不思議とレントゲンを撮影することが普通なのですが、これは肉眼では見えない骨の健康状態を確認するためのものです。

歯医者の定期検診なんてお金のムダと思っているでしょうが、虫歯の治療をせずに虫歯がどんどん進行してしまい、入れ歯になるよりはずっとマシです。

歯科での定期検診は年に1回から2回は行って、かかりつけの歯科を決めることでカルテを保存しておいてもらい、虫歯が出来ても初期のうちに治療すべきです。

歯周病とは、歯石に棲みついているストレプトコッカス・ミュータンス菌がもとになって歯茎に炎症が起き、歯の骨が溶けてしまう疾患で、歯周病のせいで歯がなくなることもあります。
ウラナ

口腔内には250種類~400種類くらいの種類の細菌がいるのですが、これらが固まると歯石となり、それは歯肉炎の原因となるのです。



This post first appeared on Healthy Foods First, please read the originial post: here

Share the post

虫歯や歯周病になりやすいのです

×

Subscribe to Healthy Foods First

Get updates delivered right to your inbox!

Thank you for your subscription

×