Get Even More Visitors To Your Blog, Upgrade To A Business Listing >>

うつ病と薬の関係

なぜ病院では薬を処方するのでしょうか?うつ病になってしまうととりあえずは病院に行って診断してもらいうつ病と診断されたら薬を処方されます。薬を処方されるのでうつ病を治したい患者さんは薬を飲んで治そうとするのですが、このうつ病を治すのに効果があると言われている薬の多くはものすごく副作用が高いのです。薬の処方量もすでにおかしい・・・(詳しくはうつ病の現実を見てもらえればと思います。)確かに薬によってうつ病が治る患者さんもいるのでしょうし、薬を飲むことによって安定するなら薬が全て悪いとはいえませんが正直に私は薬はうつ病を治すことを遅くするものだと思っています。なぜならうつ病の多くはセロトニンという脳に分泌される成分の機能がおかしくなっているということが多いということが多いのです。セロトニンは糖分の摂取量によって分泌される量がおかしくなることは医学的にわかっています。なのに、なぜこの薬の量を増やしたり簡単にうつ病の薬を患者に処方して与えるのか?それは医師がそういうマニュアルによって対応しているからではないかな?と私は感じています。うつ病は患者さんによっては暴れてしまう人もいるし、最悪のケースで自殺にいたってしまう特殊な病気です。そうなると医師も本気で付き合わないと下手すれば患者さんによっては医療ミスという判断をされるかもしれないという現実があります。本気で患者さんのうつ病と戦っているのに医療ミスということを言われたら医師も医師免許が無くなってしまうおそれがあるんです。それを考えると医師も薬を処方しておくだけのほうが安心だし医療ミスにはなりません。本当はしっかりと向き合って治してあげたいという気持ちもあると思いますが医師の立場を考えると下手すれば患者さんや患者さんの家族に訴えられてしまう。この恐怖があるのは間違いありません。ちょっとした話の食い違いでそうなる可能性が高い病気なので本当はやってあげたいけど出来ないという現実もあるのでしょうね。医師も患者も治したい、治してあげたいという気持ちは同じなのに出来ないという壁は壊すことはなかなか難しい現実です。



This post first appeared on •a̖gȂ/•aEPTCg, please read the originial post: here

Share the post

うつ病と薬の関係

×

Subscribe to •a̖gȂ/•aeptcg

Get updates delivered right to your inbox!

Thank you for your subscription

×