Get Even More Visitors To Your Blog, Upgrade To A Business Listing >>

Let’s Ride! 音楽界のアイコン、メトロカードになってカムバック

Let’s Ride! Hundreds Of New Yorkers Gathered For This  Music Icon’s  Metrocard. ソーホーの東側玄関口、ブロードウェイ・ラフィエット駅に数百人近い行列が出来上がったのは、冷気が残る4月18日のことでした。NOLITAとしても親しまれるその場所は、ロンドン生まれの世界的アイコンが真冬の2016年1月にこの世を去るまで住んでいたアパートの最寄り駅です。その人物こそアーティスト、俳優、画家などあらゆる方面で非凡なる才能をあますことなく発揮した、デビッド・ボウイ。ロンドンを出発点とした大回顧展の世界ツアーがブルックリン・ミュージアムで開催中であるにも関わらず、人々はなぜボウイゆかりの駅に集まったのでしょうか? ご覧の通りの行列、比較的若い方々が多いような。 (出所:Twitter) 実は音楽ストリーミング大手スポティファイがMTAとコラボして駅構内をボウイでジャックしただけでなく、メトロカードも25万枚発行したのですよ!デザインはボウイのペルソナであるZiggy Stardust、Aladdin Sane、Thin White Dukeを含む5種類。メトロカードはチャージさえしていれば数年は使えるだけに、ボウイとの地下鉄ライフを楽しもうと老若男女問わずメトロカードを求めてやってきました。さすがボウイ、愛されてます! ボウイのメトロカード、私も5枚そろえたかった・・。 (出所:Twitter) 気になるお値段は、往復分の値段の6.50ドル。内訳は乗車料金の2.75ドル×2に、メトロカード発行料の1ドルが上乗せされているため、このお値段です。 ボウイのメトロカードが6.50ドルとあれば、激安と判断する方も多いはずで、気になるのが転売ヤーの動向。こちらによれば、発売開始1週間も経たない間にeベイで入札にかけられていました。気になるお値段は、最高額で190ドル也。何だか、それでも安いような気がするのは筆者だけでしょうか。 ちなみに、20代を中心に熱狂的なファンを抱えるファッション・ブランド、スプリームがメトロカードとコラボした時には、転売価格が1,000ドルを突破したといいます。All The Young Dudesとは、価値観の違いを痛感せずにはいられません。 (カバー写真:Spotify)



This post first appeared on My Big Apple NY | My Big Apple NY, please read the originial post: here

Share the post

Let’s Ride! 音楽界のアイコン、メトロカードになってカムバック

×

Subscribe to My Big Apple Ny | My Big Apple Ny

Get updates delivered right to your inbox!

Thank you for your subscription

×