Get Even More Visitors To Your Blog, Upgrade To A Business Listing >>

米11月小売売上高、ホリデー商戦を追い風に大幅増

Retail Sales Jump On Strong Holiday Spending In November. 米11月小売売上高は前月比0.8%増と、市場予想の0.3%増を上回った。前月の0.5%増(0.2%増から上方修正)を超え、3ヵ月連続で増加した。米11月新車販売台数は減速したものの、ホリデー商戦が好調で消費を盛り上げた。自動車を除いた場合は1.0%増と、市場予想の0.6%増を上回った。前月の0.4%増(0.1%増から上方修正)を含め、5ヵ月連続で増加した。国内総生産(GDP)の個人消費のうち約4分の1を占めるコントロール小売売上高(自動車、燃料、建築材、外食などを除く)は前月比0.8%増となり、前月の0.4%増を超え5ヵ月連続で増加した。 小売売上高、前年比では小売売上高のコントロールはレンジ超え。 (作成:My Big Apple NY) 内訳をみると、主要13カテゴリー中で11項目がプラスとなり前月の10項目から増えた。ホリデー商戦開幕早々、ブラック・フライデーなどオンライン売上高が過去最高を更新したように、非店舗の伸び力強い。新型iPhone Xを一因に、電気製品も好調。ガソリン価格の上昇を背景に、ガソリン・スタンドも大幅に増加した。一方、米11月新車販売台数が減速したため自動車のみ減少。一般小売は、ホリデー商戦が追い風とならず横ばいにとどまった。項目別の詳細は、以下の通り。 (プラス項目) ・ガソリン・スタンド→2.8%増>前月は0.3%増、6ヵ月平均は1.8%増 ・非店舗(オンライン含む)→2.5%増<前月は0.4%減、6ヵ月平均は0.7%増 ・電気製品→2.1%増>前月は1.2%増、6ヵ月平均は0.4%増 ・建築材/園芸→1.2%増>前月は0.1%減、6ヵ月平均は1.1%増 ・家具→1.2%増<前月は1.8%増、6ヵ月平均は0.7%増 ・スポーツ用品/書籍/趣味→0.9%増<前月は1.7%増、6ヵ月平均は0.3%増 ・外食→0.7%増>前月は0.4%増、6ヵ月平均は0.3%増 ・服飾→0.7%増=前月は0.7%増、6ヵ月平均は0.4%増 ・ヘルスケア→0.4%増<前月は1.3%増、6ヵ月平均は0.4%増 ・食品/飲料→0.2%増<前月は0.5%増、6ヵ月平均は0.3%増 ・雑貨→0.1%増>前月は0.1%減、6ヵ月平均は0.2%増 ・一般小売→±0%<前月は0.1%増、6ヵ月平均は0.4%増 (*百貨店は±0%<前月は0.1%増、6ヵ月平均は0.2%増) (マイナス項目) ・自動車/部品→0.2%減<前月は1.2%増、6ヵ月平均は0.8%増 ――11月はホリデー商戦が奏功し、裁量消費が力強さを示しました。アトランタ地区連銀は、米10~12月期実質GDP成長率予測値を従来の2.9%増から3.2%増へ上方修正してきました。バークレイズなどエコノミストは2.5%増付近の成長を見込むものの、経済指標は13年ぶりとなる3期連続の3%成長となるシグナルを点灯させ続けています。 (カバー写真:Gene Han/Flickr)



This post first appeared on My Big Apple NY | My Big Apple NY, please read the originial post: here

Share the post

米11月小売売上高、ホリデー商戦を追い風に大幅増

×

Subscribe to My Big Apple Ny | My Big Apple Ny

Get updates delivered right to your inbox!

Thank you for your subscription

×