Get Even More Visitors To Your Blog, Upgrade To A Business Listing >>

3月FOMC、年3回の利上げに向けスタートを切る

Fed Raises Rate, Preparing For 2 More Hikes In This Year. 3月14日〜15日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、予想通りFF誘導金利目標を0.75~1.00%で据え置いた。2015年12月から開始した今回の利上げサイクルで、初めて前回の利上げから3ヵ月以内に実施した格好だ。2月末に3月利上げへの基盤を慌ただしく築き上げた印象を与え年内4回の利上げ予想が浮上していたところ、2017~18年の利上げは年3回での見通しを維持。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長による記者会見では、声明文にあった「委員会は、経済動向の進展がゆるやかな利上げのみを保証すると予想する」の文言から「のみ(only)」を削除した点についても「過剰に解釈すべきではない」と回答するなど、市場が警戒したほどタカ派寄りに傾かなかった。 声明文の主な変更点とポイントは、以下の通り。 【景況判断】 前回:「雇用の増加は堅調を維持し、失業率は足元の低水準で推移し続けている」 ↓ 今回:「雇用は堅調を維持し、失業率は足元数ヵ月とさほど変わらない」 ※失業率は2016年11月に4.6%と2007年8月以来で最低を記録した後、4.7~4.8%で推移。 前回:「家計支出はゆるやかに拡大し続けた一方、企業の固定投資は軟調なままだ。消費者と企業のセンチメントは、最近改善してきた」 ↓ 今回:「家計支出はゆるやかに拡大し続けた一方、企業の固定投資は幾分安定してきたように見える」 ※米10~12月期国内総生産(GDP)改定値では民間投資が下方修正されたとはいえ機器投資が2015年7~9月期以来の増加に転じ、米1~3月期GDPの固定投資もわずかながらプラスに転じる可能性をにらみ、上方修正 前回:「インフレは足元数四半期で上昇したが、委員会が掲げる2%という長期的な目標を依然として下回る」 ↓ 今回:「インフレは足元数四半期において委員会が掲げる2%という長期的な目標へ向かって上昇したが、エネルギーと食品を除いたインフレはほぼ変わらず、2%を幾分下回って推移している」 ※米1月消費者物価指数(CPI)はヘッドラインが原油下落以前の2012年12月以来の水準まで回復した一方、米1月CPIコアは伸び悩み。 前回:「市場ベースのインフレ動向は低いままだ(remain low)。調査ベースの長期インフレ見通しは概して、ほぼ変わらなかった」 ↓ 今回:「市場ベースのインフレ動向は低いままだ(remain low)。調査ベースの長期インフレ見通しは、ほぼ変わらなかった」 ※5年先5年物フォワード・レートは3月3日に2.2%と原油安が開始から5ヵ月後にあたる2014年11月以来の水準まで回復したものの、市場ベースのコアインフレ動向は前年比1.7%を維持する状況。 【統治目標の遵守について】 前回:「インフレは、中期的に2%の水準へ上昇する」 ↓ 今回:「インフレは、中期的に2%の水準で安定する」 ※原油価格が2015年7月以来の54ドル台を回復、FOMC直前まで50ドル台を維持する安定的な動きを反映。ただし14日には2016年11月以来の48ドル割れで引け。 市場関係者が注目する「暗記的な経済見通しのリスクは、概して均衡」、「委員会はインフレ動向、並びに世界経済や金融動向を注視していく」との文言を維持。 【政策金利について】 FF金利誘導目標を0.75~1.00%へ“引き上げる”との表現へ変更。 前回:「金融政策のスタンスは緩和的であるがゆえに、労働市場がさらに強まりインフレが2%へ回帰することを支援していく」 ↓ 今回:「金融政策のスタンスは緩和的であるがゆえに、労働市場がさらに強まりインフレが継続して2%へ回帰することを支援していく」 ※原油先物動向を反映し、インフレ下振れリスクが後退したとの認識を示唆か。 【バランスシート政策】 前回:「足元で2%を下回って推移するインフレ動向を踏まえ、委員会はインフレの実勢並びに見通しがインフレ目標値へ向かっていく進展を注意深く精査していく」 ↓ 今回:「委員会はインフレの実勢並びに見通しがインフレ目標と対称的に進展していくか注意深く精査していく」 ※あらためて、インフレ下振れリスクの後退を示唆。上振れ局面では利上げペース引き上げを表す可能性。 前回:「委員会は、経済動向の進展がゆるやかな利上げのみを保証すると予想する」 ↓ 今回:「委員会は、経済動向の進展がゆるやかな利上げを保証すると予想する」 【票決結果】 票決はミネアポリス連銀のカシュカリ総裁が据え置き票を投じ、2017年2回目にして初めて全会一致とならなかった。輪番制である地区連銀総裁の投票メンバーはシカゴ連銀のエバンス総裁、フィラデルフィア連銀のハーカー総裁、ダラス連銀のカプラン総裁、ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁となる。なお2016年の全会一致での決定は1月をはじめ6月、12月と8会合のうち3回目のみだった。 【経済・金利見通し】 [&hellip



This post first appeared on My Big Apple NY | My Big Apple NY, please read the originial post: here

Share the post

3月FOMC、年3回の利上げに向けスタートを切る

×

Subscribe to My Big Apple Ny | My Big Apple Ny

Get updates delivered right to your inbox!

Thank you for your subscription

×