Get Even More Visitors To Your Blog, Upgrade To A Business Listing >>

キャッシングの本人死亡の場合について

キャッシングを利用していて、まだ完済していなかった場合に本人死亡となれば、その債務はどうなるのでしょうか。
本人死亡だから帳消しになると考える人もいるようですが、実はそれほど簡単なことではありません。
なぜなら相続というものがあるからです。

相続というと資産を引き継ぐものだというイメージがあるかもしれませんが、キャッシングをはじめとした借入によって債務がある場合には、それも引き継ぐことになります。
ですから、ある人がキャッシングでお金をたくさん借りて、そして本人死亡となってしまったとき、キャッシングで借りた借金は相続人が引き継ぐことになります。
例えば親がキャッシングを利用している場合にはこの点に注意しておく必要があるでしょう。
相続してしまえばその借金を返済していくことが必要となってくるわけですから、資産を残さずに借金だけ残して死亡した場合には、遺された者はたまったものではないでしょう。
もしもこのような状況になったときには、相続放棄という手段をとることもできます。
相続放棄をすればあらゆる資産を相続しないことと引き換えに、キャッシングによってできた債務も相続しないことを選択することができるのです。



This post first appeared on キャッシングはいつ利用する?, please read the originial post: here

Share the post

キャッシングの本人死亡の場合について

×

Subscribe to キャッシングはいつ利用する?

Get updates delivered right to your inbox!

Thank you for your subscription

×